最新の投稿
咳をしている女性

インフルエンザが流行するシーズンが近づいてきても、予防接種を受けてもどうせ効果がないからと勝手に決めつけてしまって、予防接種を受けに行かない人は意外と多いものです。
そもそもどうして予防接種を受けてもインフルエンザの予防に効果がないと思ってしまうのでしょうか。
それは予防接種を受けたとしても自分に免疫力がない限り、結局は発症するものだと思い込んでしまっているからです。
そしてそれは確かに間違いではありません。
毎年ばっちり予防接種を受けているという人であったとしても、なぜか毎年インフルエンザにかかってしまうという人は多くいるものです。
どうして接種を受けているのにも関わらずインフルエンザになってしまうのかと言えば、それはとにかく生活習慣の乱れ等が原因となっていることが多いのです。
生活習慣が乱れてしまうと免疫力も落ちてしまうものです。
そして免疫力が低下すれば、いくら予防接種を受けていたとしても、病気になってしまうことを免れません。
その結果として病気になってしまうのです。
とはいっても予防接種を受けている人なので、かかったとしても軽く済むというメリットはあります。
なので例え予防接種にインフルエンザを完全に防ぐ効果がなかったとしても、万が一かかってしまった時に症状の出を軽くするという効果はあるものですので、やはり接種を受けた方が良いと言えるのです。
つまり結論から言えば、接種には十分インフルエンザを予防する効果があるということです。
なので頭ごなしに効果がないと思い込んで接種を受けないのではなく、万が一かかった時に症状を軽く済ませることが出来るだけでも良いという気楽な気持ちで、接種を受けるようにするべきなのです。